7年前 3.11

7年。

7年もと捉えるのか、7年しかと捉えるか。

 

2011年の3月11日の東日本大地震のことを私たちは絶対に忘れてはいけないと思います。

 

ただわたしは当事者ではないので、当事者の方々の気持ちを勝手に推し量ることはできません。大事な人を亡くすことがどれだけ悲しいことか私にはまだわからないので、気持ちをわかってあげることはできない。

 

できないけれど、寄り添ってあげたいと思います。生きている人たちは、これからを前を向いて生きていってほしいです。私は生きていく人の支えになりたいです。

 

ツイッターで震災で両親を亡くした姪っ子たちを引き取った方を見つけました。2歳の時に被災した子が9歳。成長とは素晴らしいものです。子どもたちが安心して大きくなれる環境を作っていかねばならないですね。

 

親を亡くした人、子どもを亡くした人、友人、恋人、大切なもの、いろいろなものを亡くした人がいると思います。でも、同時に生まれた命もあると思います。大切な記念日になった人もいると思います。そういう人たちが素直に喜べるようになるにはまだ早いかもしれないけれど、みんなが幸せになってくれればいいと、私はそう思います。

creditcard-c.com

 

f:id:n12a08:20180311202544j:image